スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIP

猫の伝染性腹膜炎のことをFIPといいます。

この病気は大変恐ろしい病気で、発症するとほぼ間違いなく死亡してしまいます。
この病原体の正体はコロナウイルスというものです。

コロナウイルスは人間ではサーズウイルスが有名です。
エンベロープというウイルスの外側の膜が太陽の周りに見える「コロナ」に似ているからこの名前がつきました。

この猫のコロナウイルスは、通常は腸管の中に住んでいて下痢なんか起こすウイルスですが、ある時変異を起こすと凶暴化します。
ウイルス自体も怖いのですが、このウイルスを退治しようと出てきた自分の免疫細胞が反応を起こします。
それが複合体となり腎臓につまってさらに炎症をひきおこしたりもします。
体中全てが炎症を起こすといっても過言ではないくらいにいろんな症状をだしながら宿主(猫)を死に追いやります。

昔は、診断が不正確でありましたが最近はリアルタイムPCRという方法でわずかなウイルス自体を検出・定量する(数を数える)ことができるようになったため正確になってきました。
しかし陽性は陽性と言えますが、陰性はウイルスが増える前は診断が難しいので何回も検査が必要になります。

学生時代に友人の研究で、培養した猫の腎臓の細胞にこのFIPウイルスを入れたところ、翌日には全ての細胞が死滅しているのを見てなんて恐ろしいウイルスだなと思いました。
実際にFIPの子を治療すると、私の中でその恐ろしさがさらに何倍にも増幅しました。
私が知る限りFIPを治す治療法は存在しません。
ウイルスを減らしたり、延命する治療法はありますが。

でも今も世界中の研究者が治療法を探してくれています。
だからとても期待しています。
もうあんなに苦しんでいく子たちを見たくありませんから。
私も研究について知って、何かフィードバックできるものがあればいいなぁと思っています。

とりあえずは友人たちの研究に期待したいと思います。


補足

FIPは怖いウイルスですが、弱いウイルスで外界にでると乾燥などで死滅します。
アルコールなんかでも死んでしまいます。
まずは蔓延しないような努力も必要ですね。

蔓延する場所は、主に多頭飼育のトイレなどです。ほどよい湿気がありますからね。




スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。