FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミトタン

ミトタンで検索してきてくださる方がいるので、自分のミトタン経験談を少し・・。

ミトタンはもともと副腎皮質腫瘍に対するいわゆる「抗がん剤」です。

しかし副腎腫瘍が少ないせいもあって、ほとんどがPDH(下垂体性副腎皮質機能亢進症)の治療に用いられています。

このお薬は副腎皮質を不可逆的に破壊する作用があります。

なので、使いすぎると副腎皮質が全く機能しなくなるアジソン病になってしまいます。

以前勤めていた病院で他の獣医師が治療をしていてアジソン病状態となり亡くなってしまったことを覚えています。

今ほど、アジソンやクッシングに対する認識がなかった頃なのでその当時の私もなんで亡くなってしまったのか理解できていませんでした。

さらに成書には用量がいろいろと書いてあるわけですが、いきなりその書いてある用量で投与すると調子を崩してしまうことが多いと思います。

そのせいかミトタンを使うことにためらいのある方が多いのではないでしょうか。

今では東大の先生の書いている方法で「半分量から様子をみながら徐々に増やしていく」という方法を行っていますが、安全に使うことができてなおかつトリロスタン(デソパン)より明らかに改善していく子が多いように思います。

お腹が垂れ下がって、身動きとれないくらいの子がトリロスタンをいくら用量上げても改善しなかったのに、ミトタンに変えたところ喜んで走るくらいまで回復した例もありました。

こういう子ばかりではありませんが、本に書いてあることと自分が経験することの乖離があると感じます。

そもそも副腎皮質機能亢進症がなぜこんなに多いのか・・・気になります。

犬たちの中で何か起きてるの?って心配になります。

スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。