FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間病院

夜間に診療をしている病院は、そう多くないと思います。

だから近くに夜間病院がある地域の方はラッキーと言えます。
いざと言うときに、診察が受けれるというのは人間でも動物でも心強いものです。

一般的な動物病院は院長ひとり、勤務医(代診)ひとりという勤務体制がほとんどなので夜間診療を行うのは体力的に無理と言われています。

動物病院は医療機関というよりは、民間サービス業であります。だから赤字を出すことは許されないので、夜間専用の人員を配置することは無理なのです。

それでも、「患者さんのため」とか「新規開業して患者さん獲得のため」とかがんばっている病院はあります。





時間外診療というのは、獣医師にとってストレスのかかることでできればやりたくないというのが本音です。

診察が終わって、さぁあ家路につこうと思ったときに鳴る電話・・・。
自宅でお風呂に入っていて、くつろいでいるときになる電話・・・。
あたたかいラーメンを食べようと、箸をつけた瞬間になる電話・・。

でも、それがいつも尻尾を振ってくれるワンコが苦しんでいる時、そしていつもゴロゴロ言ってくれるニャンコが苦しんでいる時、そしていつも私たちを「先生」と呼んでくださる飼い主さんのためであれば話は違います。

そこには信頼関係があるからです。

動物を通して、尊敬しあえる関係であるならばせっかくのラーメンがのびてしまってもいいんです、と言う気持ちになります。
飼い主さんの本当に心配されている様子が伝わると、時間なんて忘れてできる限りのことをしたいと思ってしまいます。


ただ、私個人として考える時間外診療のルール違反があります。

・何日も前から調子が悪いのを知っていたのに、来院せずに夜間に電話
・気になることがあるので、とりあえず電話(診察時間やホテルの問い合わせなど)
・診察は費用がかかるから、とりあえず電話だけで済ませようとする

こんなことが続くと、多くの病院が夜間の対応をしなくなります

一番困るのは・・・

動物の医療環境が少しでも改善するために、こういう電話が減ってくれるとうれしいなと思います。










スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。