FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷うときは・・・

あなたが、お散歩仲間から聞いたご近所でも評判の動物病院に行きました。
しかしそこには、評判だけあって待合室も混み合い、たくさんの動物とその飼い主さんが待っていることでしょう。
受付で初診手続きを済ませて、ふと壁に「当院は担当医制です。獣医師の指名ができます。」と書いてあるのを見つけました。初診だし関係ないかと思う方もいらっしゃいますが、

そこは重要なポイントです。

その病院は評判があるだけあってある程度の従業員教育をしているため、全体的な能力は一定以上はあるのでしょう。しかしそれでも獣医師それぞれの能力はまちまちでしょう。
良い先生も指名して、担当医として固定的に診察を受けたほうが良いと思います。

でも始めての病院で誰を指名して良いかわかりません。
そんなときあなたならどうしますか??

・やっぱり病院の責任者である院長先生を指名しておけば間違いない!

→確かに評判を得るまでになったのは院長先生の技量からくるものでしょう。
だから、ある意味間違いないのですが、そうでもないことがあります。
たとえば、大きな病院の場合、忙しい院長先生は手術のみを担当し、ふだんの外来をあまり診察しないことがあります。そうすると歳とともにやっぱり内科的治療に知識的な遅れ、勘が鈍っている恐れがあります。

・経験がありそうな、歳が上のほうの先生がよさそう!

→確かに経験は重要。診察をくりかえすうちに検査すべきポイント、疑うべき病気が頭に浮かんでくるのがベテランのいいところです。小さな症状から病気を見つけてくれることもあります。
しかし、ベテランの悪い面もあって、一度出来上がった自分のスタイルにこだわることです。
新しい自分と違った治療法、診断方法、お薬に対して嫌悪を抱き、どんどん古くなっていきます。
ベテランは飼い主さんと話すのもうまいので、飼い主さんは妄信的になりがちです。

・やさしそうな女の先生がいい!

→それはどこの社会でも、まぼろしです

・なら若い先生がいい??

→経験がものをいう職人的な世界で、若い先生の経験不足は致命的なことがあります。

まぁ、どんなことでも一長一短あるものです。
でも短絡的に選ぶのも・・・。

診察自体も獣医師単独でできるものではありません。
そこは飼い主さんとタッグを組んで病気に挑んでいくという姿勢は忘れてはいけないと思います。
だから自分と相性が良い獣医を選ぶのもひとつです。

でも技術的なこともあるので相性だけで選ぶのが怖いという方にオススメなのが、動物看護士さんや病院スタッフに質問するのです。
「あなたのペットはどの先生に診察してもらってるの??」って。
世間話するような感覚できくのがコツです
病院のスタッフさんは、一番その病院の中のことを知ってるのです。
だからどの獣医師が、性格的安定しているとか、信頼できるかとか、なにが得意だとかを知っていて、自分の大事なペットをその獣医師に診てもらうのです。

みなさんにも是非実践していただきたいです。

かわいいペットの急な病気に備えて!!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。