FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

検索キーワードで「副腎皮質機能亢進症」「犬」で調べてくださった方がいるので、もう少し詳しく述べてみたいと思います。

特に治療方法については注意が必要で、「なんの反応がない」とか「元気がなく、震える」という場合など注意が必要です。




私の病院は各病気毎に治療記録をまとめているので、クッシング治療だけでもかなりデータが蓄積してきています。
データ数からみてもクッシング症候群はめずらしい病気ではなく、犬においてよく見られるということがわかります。

現在の獣医療におけるクッシング症候群の治療のゴールデンスタンダードは「デソパン(トリロスタン)」という薬です。
この薬は当初、「可逆性」の薬で安全であると言われ急速に使用されるようになってきました。要は薬を止めれば元に戻るということです。
今でも「デソパン」で検索すると多くの動物病院のホームページには「可逆的」で「安全」と書かれています。
(勉強不足かホームページの更新不足??




最近の論文では実は「デソパンは副腎を壊死させることがある」という症例が報告されているのです。
つまり「可逆性」ではなく「不可逆性」のお薬ということです。
薬を止めても元にもどらない可能性がるということです。
クッシング症候群の反対の病態をアジソン病と言いますが、行き過ぎたクッシング症候群の治療は医原性アジソン病になります。
私の病院でもデソパンで治療中に医原性アジソン病になることがあります。ここで通常は調整のためにデソパンの用量を下げて元に戻ることがほとんどです。
しかし可逆性のはずのデソパンを減量、休止しても医原性アジソン病が治らない症例がありました。
おそらくデソパンのまだよくわかっていない作用によって副腎が壊死したものと思われました。

医原性アジソン病の場合でもホルモンを補充すれば命にかかわることはありません。

なので必要以上にクッシング治療やデソパンを恐れる必要はありません。

しかし、デソパンを可逆的だと信じて治療することは怖いと思います。

□■□ 保険スクエアbang!ペット保険 □■□



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。