FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣医とは

大学に入って教授から言われた言葉・・・

それは・・・

「獣医とは動物を殺す仕事だ」

病気の動物を治したいと思い大学に入ったばかりの当時の自分には衝撃的な言葉でした。


みなさんも獣医というと動物病院や牧場、動物園などで働いている人を想像するでしょう。

しかし獣医の仕事はそれだけでなく、他にもいろいろあります。


そもそも獣医が国から免許を与えられた理由は

昔は

「戦争のための軍馬の健康管理」

であり

今は

「国民のみなさんに安全な食料を確保すること、動物からの病気が国民にうつらないようにすること」

である。先にあげた職業はいわばそこから派生した職業と言えます。

つまりその先生が言いたかったことは食料にするために家畜を殺さなくてはいけないし、人間にうつる病気をもっている動物を殺さなくてはならないということが本来の使命であるということです。

これから難しい病気の動物をカッコよく治していくんだと単純に考えている新入生に現実パンチをということだったのでしょう。

その本来の使命を果たしてくれている、友人・先輩方がいるから私が世間に獣医としていることが許されていると思うのです。

本当に尊敬し、感謝しております。



日本人はご飯を食べる前に「いただきます」と言います。

これは料理を作ってくれた人に言っているだけでなく、食卓に並ぶ命に対しての感謝・敬意が込められているのですよね。

これを忘れてはいけないと思います。



とあるアンケートで獣医のイメージは「優しい」が1番でした。

とても光栄ではありますが、

特に我々、小動物獣医は犬や猫という動物を助けながら、同時に豚や牛という動物の命を奪ってペットフードにしそれを与えています。同じ動物なのに・・・ジレンマを感じることがあります。

しかし、誤解を恐れずに言えばそれぞれの動物には役割があると考えます。

人間中心の考え方ではありますが、「癒してくれる動物」「お肉をくれる動物」「運んでくれる動物」などなど。

それぞれの役割を全うしたとき、我々人間はその動物に対して感謝と敬意を示さないといけないと考えます。

それが

自分が人間として生きていく、そして獣医として生きていくうえでのドグマということになります。



追記
「豚がいた教室」という映画をご存知ですか??
私はあえて見ていませんが、ある実話に基づいた話だそうです。

これについてはまたの機会に・・・

かわいいペットの急な病気に備えて!!

スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。