スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの動物病院

開業という誘惑に、まだ夢みてしまう今日この頃です。
自分で開業すれば、全てを自分で背負わなくてならない一方で全て自分で決められるというメリットもあります。
開業した友人いわく、「働かされている」という感覚がないから「働いてる」という感覚がないそうです。つまり本当に自分が好きなことをしている時間になるんだとか。

これからの日本経済を考えると今のところは縮小する一方と考えています。
だから、犬や猫に回ってくるお金も減ってくると思います。
減ったパイを多くの獣医師で分けなくてならなくなります。

また、最近の飼い主さんを見ていると病院を使い分けているようです。
「フィラリア・ワクチンの病院」と「病気をみてもらう病院」だそうです。
「フィラリア・ワクチンの病院」の決め手は安さと速さで、「病気をみてもらう病院」は診断の正確性・設備が整っているという条件とのことです。

これらのことを踏まえて私が考えるこれからの動物病院の行く末。

「病院の2極化」

一つは薬・ワクチン接種を主体とし、病気に対応できない病院(病気は離れたグループ病院に紹介)。
もう一つは、いろんな病気にのみ対応する病院。

前者の病院は、安価な薬が飼い主さんに喜ばれ巨大グループ化した病院が各地域に網の目のように張り巡らされます。
後者の病院は、各都市に数箇所配置されグループ病院から紹介を受けると専門医などが診察くれます。

この形態は、一見合理的見えますが大きな問題がでてくると思います。

今の病院は高いフィラリア薬やワクチンをうっているように思われますが、その部分の利益で設備投資を行っています。それがなくなると、検査治療機器が購入できる病院が限られてきます。または、設備投資分がそのまま診療費に転嫁され通常の治療に関する費用が確実に上昇せざるを得なくなってくると思います。
今まで近所で気軽に診察ができていたのに、病気の度に紹介された病院へ足を運び今までより高い診療費を払わなくてはならなくなるかもしれません。
高齢化・共働きのご家庭が増える中で大変な負担になると思います。
いろんな制約で治療を諦めざるを得なくなることが増えるでしょう。


と、まぁ
これはまだ経営をしたことのない若造が勝手に想像(妄想?)した未来の動物病院ですから本気にとらないで欲しいのですが、でも全部が嘘にはならないと思います。

ここで飼い主様にご提案。

是非、信頼できるかかりつけ医をしっかり決めてください(信頼できるのであれば病院を使い分けしないでほしい)。
そしてその病院を飼い主様自身が支える「株主」や「組合員」になった気持ちで、そこでフィラリアやワクチンをうってください。
そうすることでその病院は、育ちます。
もし飼い主様の家族(犬や猫たち)が不幸にも病気になってしまったならば、その病院は最新の知識と整った設備のもと全力で治療をすることで日頃支えてくださる方のためにお返しをすると思います。
(そうしたいと常々思っています)

動物病院は人の医療と違ってサービス業です。
診療費は自由です。むしろ一律にすると独占禁止法で罰せられてしまいます。

ネットの普及と経済の沈下により、飼い主さんの中には診療費に敏感になっている方もいらっしゃいます。

現実、動物病院にも価格競争が始まっています。デフレの波が医療にも押し寄せているのをヒヤヒヤしています。
一番苦しむのは医療を受ける機会が減ったり、質の落ちた医療を受ける動物たちだと思います。

反論・異論も多そうです。
しかし今の動物病院のスタイルが全ていいとは思いませんが、町医者がいなくなるのは大変なことです。


これからの動物病院の姿を案じつつ、自分の進むべき方向を模索している日々が続きます

今いえることは、できれば私は患者さんの近くにいる町医者獣医になりたい!





スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。