スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣医とは

大学に入って教授から言われた言葉・・・

それは・・・

「獣医とは動物を殺す仕事だ」

病気の動物を治したいと思い大学に入ったばかりの当時の自分には衝撃的な言葉でした。


みなさんも獣医というと動物病院や牧場、動物園などで働いている人を想像するでしょう。

しかし獣医の仕事はそれだけでなく、他にもいろいろあります。


そもそも獣医が国から免許を与えられた理由は

昔は

「戦争のための軍馬の健康管理」

であり

今は

「国民のみなさんに安全な食料を確保すること、動物からの病気が国民にうつらないようにすること」

である。先にあげた職業はいわばそこから派生した職業と言えます。

つまりその先生が言いたかったことは食料にするために家畜を殺さなくてはいけないし、人間にうつる病気をもっている動物を殺さなくてはならないということが本来の使命であるということです。

これから難しい病気の動物をカッコよく治していくんだと単純に考えている新入生に現実パンチをということだったのでしょう。

その本来の使命を果たしてくれている、友人・先輩方がいるから私が世間に獣医としていることが許されていると思うのです。

本当に尊敬し、感謝しております。



日本人はご飯を食べる前に「いただきます」と言います。

これは料理を作ってくれた人に言っているだけでなく、食卓に並ぶ命に対しての感謝・敬意が込められているのですよね。

これを忘れてはいけないと思います。



とあるアンケートで獣医のイメージは「優しい」が1番でした。

とても光栄ではありますが、

特に我々、小動物獣医は犬や猫という動物を助けながら、同時に豚や牛という動物の命を奪ってペットフードにしそれを与えています。同じ動物なのに・・・ジレンマを感じることがあります。

しかし、誤解を恐れずに言えばそれぞれの動物には役割があると考えます。

人間中心の考え方ではありますが、「癒してくれる動物」「お肉をくれる動物」「運んでくれる動物」などなど。

それぞれの役割を全うしたとき、我々人間はその動物に対して感謝と敬意を示さないといけないと考えます。

それが

自分が人間として生きていく、そして獣医として生きていくうえでのドグマということになります。



追記
「豚がいた教室」という映画をご存知ですか??
私はあえて見ていませんが、ある実話に基づいた話だそうです。

これについてはまたの機会に・・・

かわいいペットの急な病気に備えて!!

スポンサーサイト

死。

どんな生物でも必ずおとずれる現象。
それが悲しいときと、そうでないときとがある。

映画「余命1ヶ月の花嫁」を見た。
映画を見て久しぶりに泣いた。
病気による死というのは、やはり悲しい。

動物病院で働いていると、病気による死というものが日常にある。
未だに、それに慣れることはない。

担当している患者さん(動物)が亡くなるときはなおさらである。

性格のせいもあるけど、動物とその飼い主さんに対して感情移入してしまう。

その動物が「まだ生きたかった」だろうなと想像する。
涙がこみ上げる。

飼い主さんの「もっと一緒にいたかった」という気持ちが伝わる。
つらい。

もっと自分にできることはなかったか。
あの時、もっと良い方法はなかったのか・・・。
考えて、自分を責める。

プロとしては常に堂々として「ベストをつくしたのだからしょうがない!」というくらいの態度をとらなくては、逆に患者さん(飼い主さん)を不幸せにする。
先輩からそう教わった。

今では、そういう顔はできるようになったと思う。

でも心は今でも新人だったときと同じくつらい。

頼りになる・・・

よくテレビや本では頼れる医者の話がでてきます。

でも逆に医者や獣医からも、頼れる「患者さん」がいます。
前々から、治療には動物、その飼い主さん(患者さん)、そして獣医の3つの力が必要だと感じています。

頼れる患者さんとは、飼い主さんのことです。

具体的なことをあげると・・・

・信頼関係を築こうという姿勢を感じられる
・動物の病気を治そうという気持ちが感じられる
・こちらの質問に的確に答えてくださる
 (動物の状態を正確に教えてくれる)
・投薬の指示などを守ってくださる
 (投薬によって調子が悪くなった時は自己判断をせずに教えてくださる)
・診療費のことを大事なこととして、相談できる

のようなことが挙げられます。

当たり前のようなことも書いてありますが、実際には「この飼い主さんは本当に動物を治す気があるのかな?」「なんで動物病院に連れてきたのかな?(治療しないのに・・・)」なんて方もいらっしゃいるのです。

なかなか動物病院に連れてこれない、治療費がない、投薬できない、薬が嫌いとかいろいろな事情がおありだと思うのですが、できればまず「決めつけず」に「相談」していただきたいと思います。

なんでもかんでも相談するのもどうかと思いますが、困ったときは「相談」するべきです。
もし、ちゃんと伝えても相談にのってくれない(解決できるかどうかは別として)獣医は、人格を疑われます。

そこから始まる信頼関係、治療があると思うのです。

追記

日本人の投薬遵守率は世界で中国人に続いて2番目に低いというデータがあります。
要はお医者さんのだした薬をきちんと飲まないということです。
この順位をどうみるべきなのでしょうか?

日本では医者を「お医者さま」として社会の中でも高い存在として、尊敬をしています。
その一方で、そのお医者さまの言うことを守れない。
・自己判断
・投薬に対する不安
・医療費問題
・不真面目

など原因が考えられますが、私が考える一番の理由は医者と患者のコミュニケーション不足だと思います。
3時間待って3分診療なんてこともあるくらい、医者が足りない状況でお互いに理由があってうまくコミュニケーションを取れていないのではないでしょうか??
サロンのようにとまでは言わないけど、なんとかしないと違う部分での医療崩壊が起きるのではないかと心配になってしまいます。

かわいいペットの急な病気に備えて!!


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

猫腎不全2

腎不全は以前にも少し書いたが、発見が非常に難しい。
しかし猫の腎不全は非常に多い。
それは猫の祖先が水の少ない砂漠地帯に住んでいたことが関係しているといわれている。
猫の祖先は水の少ない環境で、体の水分を腎臓から何度も再吸収し保つということをしている。
そのため腎臓を酷使し、やがて疲れてきてしまうのである。

腎臓の中にはネフロンという機能単位がある。猫では1つの腎臓で20万個と言われている。
そのネフロンを人口に例えるとわかりやすい。




腎臓という国には40万人(20万×2)の労働者が日々働いています。
そしてその猫の腎臓では特に仕事量が多く、労働者たちは常にオーバーワークにさらされています。
残業、残業の毎日に労働者たちは何年かすると過労死をしていきます。
過労死する者が増えても、仕事は減りません。
残った労働者たちが亡くなったものたちの代わりにさらに働かされます!
しかし、それにも限界があり、どんどん過労死するものがあとを絶ちません。
そしてついに労働者が8万人を切ったときに仕事が滞るようになり、「体」という世界に影響が出始めてきます。
「体」の異常は、腎臓という国の環境を悪化させ、労働者をさらに苦しめます。
こうして悪循環が始まります。

猫の腎不全の治療はこの悪循環に対しての戦いになります。

続く


補足

小動物の腎疾患に対する評価はIRISという国際的研究会の病期分類を用いるのが一般的である。
IRISの分類では腎不全は4つの段階に分けられる。

STAGE1
・血液検査上(BUN、CRE)では問題がない
・尿の濃縮機能の低下(おしっこがうすくなる、回数が増える)
・腎臓の形が変わっていることもある

STAGE2
・CRE(血中クレアチニン1.6~2.8mg/dl)
・多飲多尿

STAGE3
・CRE(血中クレアチニン2.8~5.0mg/dl)
・全身性高血圧などのさまざまな症状

STAGE4
・CRE(血中クレアチニン5.0mg/dl以上)

病期はあくまで目安であって、動物自身が病期ごとに急に変わるわけではなく
連続した流れの中で少しずつ進行していくのである。

かわいいペットの急な病気に備えて!!


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

インターネット獣医

うちの娘が風邪をひいたあとに耳が痛いというので耳鼻科につれていきました。
私も素人なりにある程度症状から「○○だろう」と予想してなおかつインターネットで調べて症状も全て合致してるし間違いない!と思い、あとは耳鼻科の先生に病名を言ってもらうだけだっていうくらいの気持ちで向かったのですが・・・




実際、耳鼻科の先生からはまったく違う答えが返ってきまして、心の中で少し恥ずかしい気分になりました。

これと同じようなことが動物病院でもおきることがあります。
わが子同様にかわいがっていらっしゃる飼い主さんの中にはその症状をネットで調べ、「診断」までしてくる方がいます
その診断が、我々からみても同じであれば話はスムーズなのですが、違うときには一苦労です。
すでに出来上がってしまった「診断」を解いて、我々の考えを聞いてもらえるように努力しますが、中には信じてもらえないことや怒り出す方もいらっしゃって・・・。

こういうときに、動物病院での診療は飼い主さんと獣医が力を合わせてはじめて成り立つものなんだなぁと痛感します。

みんながその動物を治したいという気持ちはあるのですが・・・うまくいかないこともあるのです




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

設備

以前、獣医について「人柄では病気は治せません」と書きましたが、どれだけの設備があれば良いのか・・。

いろんな考え方があると思います。
でもあえて言わせてもらうなら、設備は必要です。
病院の売り上げに応じた設備を導入するのが、良心的だと思います。

獣医も借金して、病院を開業しているわけですから、次から次へと高価な機械を買うのは無理です。
しかし、病院を信頼して来ていただく飼い主さんのために、診断精度をあげる努力をするのは当たり前だと思います。

飼い主さん 「A病院では○○(病気の名前)って言われました・・・。」
 
獣医     「検査結果はお持ちですか?」

飼い主さん 「検査はしていませんn。そこの病院はレントゲンしかないんです・・・。」

獣医     「・・・・。」

っていう飼い主さんが、転院してくることがめずらしくありません。

確かに診断方法はいろいろあるだろうけど、「勘」で診断していては「専門家」を名乗れない


私たち獣医師は話すことができない動物たちの示す症状からいくつかの疑わしい病気を頭にリストアップしていきます。

そこから、触診、視診、聴診などを経て病気を絞り込み、それでも絞りきれない場合は機械を使った検査に移行します。

では具体的にどんな機械があれば十分なのか個人的意見を述べたいと思います。

最低限必要

血液検査の機械

・血算(赤血球の数や白血球の数をカウントしてくれる機械)
・生化学(血糖値を測定したり、肝臓の酵素や腎臓の機能をチェックできる機械)

画像検査の機械

・レントゲン(大型犬を撮影できる人間用が好ましい)
・超音波(1m四方くらいの大きいやつじゃないとダメ)

あればいいな

血液検査

・CRP(急性炎症の度合いを調べられます)
・ホルモン測定(外部に出すと数日かかるものが、当日に結果がでます)
・血液凝固検査(手術時の出血を術前に調べられます)

画像検査

・CT(高価なので、外部にまかせたほうがいい?)
・内視鏡(体を内部から見れます。特に上部消化管の異常はバリウムより向いています)

その他にも「あったら最高!」なんて設備もありますが、それはまた別の機会に・・。

で、特にこの最低限必要な設備の中で超音波の機械に投資している病院は良心的です。
なぜなら、他の機械は新しくてもでてくる結果は同じです。得するのは病院スタッフでデータ管理がしやすかったりやスピードが早くなるだけで診断は変わらない。
しかし超音波の機械は新しく高価であればあるほど正確な診断に近づけるからです。
同じようにみえる超音波の機械も、かなりの性能差があり、みえる臓器まで違うこともあります。
ただ、超音波はそれを操る人間の能力がもうひとつのポイントになりますので、機械だけあってもダメな場合もありますけど

設備投資を怠り、遊んでばかりの「勘」違い獣医に、さようならを告げましょう。

かわいいペットの急な病気に備えて!!
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
広告
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
保険を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。